しろねんこ氏

西暦30XX年。

宇宙からやってきたマシュマロ星人も、地球で人類と暮らすことになりました。

マシュマロ星人は、成人するまでは見た目は人間とかわりませんが、18~20歳くらいで自分の形を決め、「かたち登録証明書」を政府に提出、一生その姿で暮らします。

これはそんなマシュマロ星人のしろねんこ氏とパンちゃんの地球での毎日のおはなしです。

しろねんこ氏

のんきでだらしないねこ型の何か。
頭に電波を受信する基地局を持っている。
人が好き。楽しく生活することを一番大切にしている。
いつもちがう仕事をしている。
好きなおにぎりの具は鮭。
マシュマロ星人。

パンちゃん/パンせんせい

しろねんこ氏の同居人。マシュマロ星人。パン型の体だが、触感はゴム。
手や足も含め大きさや長さは自分の意志で変えられる。
ドライな性格だが、おばあちゃん子のためお年寄りにやさしい。
投資家でもあり「パンは小麦粉」という本を出している。

めめち

マシュマロ星製品を人類に流通させ一財を築いた貿易商。飛べる。
太陽が苦手で夜にだけ活動する。
器用で大体のことを好きになる前に完了させてしまうという悩みをもつ。
レモネードが好き。

シッポダケアカイウオ

いつもしろねんこ氏のそばにいる魚型の生物。カバンやまくらなどいろんなものに変形できる。マシュマロ星人ではない。

イラスト

クリックすると拡大スライダーで表示されます。

GIF動画

クリックすると拡大スライダーで表示されます。

マンガ

朝ごはん

雨の日のキングダム

発言と覚悟

一発芸

正義

はつめい

いないの

ごうがい

スイッチいれた

みてみて

自分ルール

よるはともだち

瞬間移動

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました